2018年01月21日

1月31日はご祈祷会あります


1月31日11時より「御沢掛け祈祷会」が行われます。kao1

白狐山でicon12大祭の一つicon12になります。kao1
(私個人視点からしますと、白狐山ご祈祷会の中で最重要で最大のご祈祷会だと思っておりますkao2icon12


それは、白狐山には住職でも必ず「一定期間精進」をして「身を清めた」状態でないと入ることが出来ない

icon12白狐澤icon12という神聖な澤があります。
そこへ、毎年身を清めた住職が「白装束」に着替え、皆の祈願の願いとお供物を持って入る行事です。
この日のみ澤に入ることが許された神聖な澤です)

その沢に入るために1月になってから住職は「精進」に入っております。kao18icon09
精進とは、肉butaや魚honeを絶つ、菜食豆を行うことです。icon28
もう少し詳しく記入しますと、卵、牛乳、乳製品、お酒、ニンニク、玉ねぎなど精のつくような食材も禁止です。kao13icon10
(冬の期間に精のつくものを口にできないので、体が非常に冷えるそうですkao19icon10

(料理の苦手な私としても、ある意味料理の修行ですkao2icon10料理が苦手なだけに何を作っていけばよいやらicon10
そして時短の救世主である顆粒や液体のダシは鰹節が含まれているので使えませんkao13icon10しっかりと昆布やシイタケを使ってダシをとっていきます。kao2icon22


毎日が修行ですが、この行事では更に精進も加えた修行を行っておりますので、神様に通じる力は倍増だと思っておりますkao2icon12
ご祈祷にご参加頂きました方には、icon12清めた身で祈祷された「福豆」豆を住職自らの手でお渡し致します。icon12

是非この機会に、沢山の方から白狐山のパワーを感じていただけたらなと思っております。kao2icon12


本日も皆様にとって素敵な一日になりますようにfutaba
  
タグ :白狐澤


Posted by にゃんこ at 11:02Comments(0)

2018年01月14日

白狐山の不思議なお話 4


去年とても不思議な出来事を目の当たりにしたというブログを載せましたkao2icon12(詳しくはこちら

その記事を今年になったらお伝えするといっておりましたので、本日お伝えしたいと思いますkao2icon12
(待っていた方、遅くなってすみませんicon10
それはまさに、題名のごとく「icon12白狐に守られてる一族icon12」なのではkao17・・・
と感じたご家族様でしたkao2


去年、子供さんの「試験合格祈願」ごの祈祷にいらしたご家族様がいらっしゃいましたkao2icon12
その試験は難関と思われるもので、なんと合格者は1名限りkao10
本人も、ご家族様も、とても不安に駆られる心境だったようです。icon10
でも、精一杯の事をしてくると挑んだそうですicon09

いざ試験当日・・・なんと入試者は1名だったそうですkao18icon12

そして見事icon12合格icon12されて、お礼参りにいらっしゃいましたkao2icon12

この出来事は、まさに偶然という必然が重なりあって起きた結果と思われましたkao2icon12

娘さんは、実は進路についてこういっていました。
「小さい頃から、目指したくても無理だと思っていた夢でした。
今振り返ると、自分でもよく分からないけど、
気が付くと、導かれるようにその道にむけて必要な授業を選択していました。
中にはやりたくない授業もあったのに、なぜか選択した自分がいた。
(絶対その授業を選択したくないと思っていても、なぜか周りからとか、環境的にその道に促されて選択した自分がいた)

この度の試験も、もし今回受からなければ、様々な理由からこの夢はあきらめるしかない。
その覚悟の上で、試験に挑みました。」

そしたら、なんと・・・一人だけの挑戦者!!

すごい偶然ですね!!kao17でも、私が驚いたのはこれだけではないのです!!

そのお母さんも、全う同じ状況で今のお仕事についているのです!!
(子供さんと職種は違いますが)
そのお母さんも、同じ状況で試験に挑んだら、不思議なことに一人だけの入試だったそうです。kao17icon12



そのご家族様は、とても信仰心の厚いご家族様で、性格もとてもまっすぐで一途なご家族様です。
神頼みをするというより、「がんばりますので見守っていてくださいkao2」という方々です。
真面目で一生懸命だからこそ、白狐様も応援して見守ってくださっているのかなと思いましたkao2icon12

親子ともども、同じ経験をされているので、これはまさに
「白狐山に守られてる方々なのかな」と思いました。kao2icon12

ちなみに、このご家族様は、海での災害回避できた漁師さんのご子孫の方々です

(詳しくは白狐山の不思議なお話2こちら

私も白狐山のお稲荷様に見守って頂けるような人間になれるよう日々精進して参りたいと思います。
この度の、ご家族様とお会いできたご縁を頂けて幸せに思います。

本日も皆様にとって素敵で充実した一日でありますようにfutaba


  


Posted by にゃんこ at 15:47Comments(0)

2018年01月10日

白狐山の交通観音様は働き者です!


白狐山の交通観音様は、icon12人気icon12の観音様ですkao2icon12

今までお外で見守って頂いておりましたが、去年より檀信徒会館にて十一面観音様と供に鎮座していらっしゃいます。(詳しくはこちら
檀信徒会館に鎮座していただいてから、何人もの方に観音様のことを尋ねられました。kao2icon12
皆様そろって「交通観音様に守られたことがあるので、手を合わせたいのだ」とのことです。kao2icon12

とても嬉しくなるheartお言葉ですkao2icon12(交通観音様はとても皆様に好かれていると感じましてkao2

新年早々に「交通安全」にまつわるお話を頂きましたkao1
ご本人様は「悪いことの前触れでしょうか?どんな意味か知りたいkao10icon10」と思われたようで、私にお話ししてくださいましたが
私としては不安に思う事ではなく、むしろ「守ってもらったicon22意味だと思いますkao2」という内容だと感じました。kao1icon12
お話してくださいました方にご了解をとった上で、同じ経験をされて不安に思う方がもしもいらっしゃいましたら、「安心してください」とお伝えしたくてこの度記載したいと思いますkao2icon12

お話してくださいました方は、1歳前後のお子さんを持つお母さんです。
先日、お子さんを連れて運転中に、何か注意が逸れる行動をしてしまったそうです。
そしたら、車が左に寄ってきて(道路の路肩は、ガードレールになっており、その下は崖&海ですicon10)、「危ない!}と思ってハンドルを右に切ったそうですkao10icon10
運良く対向車はいなかったので車と接触することはなかったそうですが、冬の道路の為に自分の車がそのまま一回転して、対向車側の右の路肩に激突して止まったそうです。
車は、廃車寸前まで壊れたそうですが、自分もあかちゃんも全く無傷だったとのこと。

本人様としては、車を新しく購入しなければならない状況に「自分は悪いことしてしまったから、罰があたったのかな?」と気落ちしている様子でした。

でも私はこのお話を聞いて、「何よりも、本人様と赤ちゃんが無事で良かったですね!守られたんですね」と思いましたkao1

車の件はとても大変残念なことだなと思いましたが、「健康:無傷であることが」が一番です!

もし、ご本人様や赤ちゃんに万が一のことがあったら「働けない=新しい車を買う以上に痛手になります」し、お子さんに何かあれば一生「後悔と懺悔の気持ち」で過ごすことになりかねません。

車が大破する程の事故を起こしながら体は無傷とはまさに「奇跡」だと思います。
守られたんだなと思いました。

これを機に「運転には気を付けてね」という、メッセージがあったのだと思います。
(もっと優しいメッセージでもいいのでは?とも思いますが、私は、ここでこの経験が無かったら、もしかしたらこの先で、もっと大変な事故やけがをする可能性が待っていたのかもしれない。それを止めるために起きた事故だったのかも。と思うのです)

私も、(子供は同乗してませんでしたが)同じような経験をしたことがあります。
また不思議なことに、全く同じお話を数年前に聞いたことがあります。(この話はいつかお話します)

だから「体が無傷」という点から、お稲荷様、もしくは交通観音様が全力で守ってくださったのではと感じたのでした。icon12

この記事を読んで、同じような経験をされたことがある方がいらっしゃいましたら、どうか「罰があたった。とか不幸だ」と思わないでほしいです。もう一度思い出してみてください。守られていたのかもしれませんよkao2icon12


本日も皆様にとってよりよい一日を過ごされていますようにfutaba

  


Posted by にゃんこ at 19:29Comments(0)

2018年01月06日

あけましておめでとうございます


あけましておめでとうございますkao2icon12
皆様のお力にて、この度のお正月は大変多くの方にご参拝いただきましたkao2icon12
本当にありがとうございますkao2icon12
本年もどうぞよろしくお願い致しますkao2icon12

新年に伴いましてブログの題名を少し変えてみましたkao2icon12
ほぼほぼ白狐山の事を書き続けているために、単純に「白狐山ブログ」とさせて頂きましたkao2icon12
今後も変わらずよろしくお願い致しますkao2icon12


またこの場をお借りしまして、ご参拝頂きました方にお知らせしたいことがあります。
元日に、お靴の取り間違えが起きてしまいましたkao10icon10
(関係者の皆様には大変ご迷惑をおかけしまして申し訳ございません)
間違えたと思われる方からまだご連絡はありません。kao10icon10
紛失のお靴は「UGG(アグ)の黒ムートン 24センチ 黒ブーツ」です。

当山には、23センチのブーツが残っております。kao1

「あれ?最近靴が大きいのよねkao17・・・」と、思われる方、何かお心当たりある方は、恐れ入りますがご連絡頂けますとありがたいですkao2
どうぞよろしくお願い致します<m(__)m>


本年も皆様にとって素敵な一年になりますようにfutaba
私も少しでも皆様のお役にたてるよう日々精進してまいりたいと思いますfutaba
  


Posted by にゃんこ at 16:37Comments(0)